クラシカルなパリの劇場「Théâtre Déjazet」。

パリ市内には、大小様々な劇場が点在していますが、
古くクラシカルな劇場も、数多く現役の劇場として活躍しています。
レパブリック広場に隣接する、「Théâtre Déjazet」も、そんな素敵な劇場のひとつ。

劇場内の上品な佇まいはもちろん、
パリの芝居の歴史を感じるエントランスから廊下の装飾も、この劇場のみどころのひとつです。

そして、このデジャゼ劇場の最大のみどころが、天井画。
有名な大劇場であるオペラ座やコメディー・フランセーズ等とはまた違う、
庶民派の演劇が明るく楽しく描かれ、あまりのかわいさに魅了されます。

現在、この素敵なデジャゼ劇場で、上演されているのが、
Simon Shuster の 「Housch Ma Housch」。
幻想的な世界観で、独自のマジック芸術と笑いを交えたビジュアルショー。

サイモンが演じる愛らしいキャラクターは、見知らぬ世界の言葉で笑ったりおどけたり。
言葉が分からない日本人でも大丈夫!
パリの劇場で気軽に観劇したいけど、何を観たらいいのか分からないという方に、今おすすめのスペクタクルです。

劇中で仕様されるグラフィックの数々も本当に素晴らしく、
幻想的なマジックや演出がキャラの魅力を引き立て、ファンタジーなひと時が楽しめます。

ひとり舞台を務めるサイモンは、
パリの有名なキャバレー「LIDO」で7年もスターアーティストとして活躍していた実力派。
今回の2ヶ月に渡るロングラン公演は、
そんなサイモンのソロ公演として、評価の高い劇評が連なる、上質なスペクタクルです。

Théâtre Déjaze
Simon Shuster
「Housch Ma Housch」
2019年12月3日〜2020年1月25
月〜土 19:00、土 15:00
チケットは劇場の公式サイトからどうぞ。
http://www.dejazet.com/

観光名所なショーも素晴らしいですが、劇場が溢れるパリならではな、
パリジャンたちが日常的に楽しむこんなスペクタクルを観に行くのも一興です!

パリナビでは、
パリはもちろん、ナイトツアーやフランス国内の様々なツアーをご用意しております。
お問い合わせは、お気軽に当サイトの当サイトのお問い合わせ フォームよりどうぞ。