4月といえば、の風物詩。

仏教国である日本ではあまり馴染みがないのですが、
4月はパック(Paque/「 復活祭」の意味)というキリスト教で重要なお祭りがあります。
英語のイースター祭、と言った方が分かる方が多いかもしれませんね。
今年のパックは、4月21日です。

このパック前後の2週間は子供たちは2週間の春休みがもらえる上に
嬉しいことがもうひとつあります。
それは、チョコレート!

パックにまつわる各地の習慣やお話に出てくる
卵、鶏、魚、ウサギなどのチョコレートが
スーパーやショコラティエ、パティスリーなど
あらゆるところで売られるのですが
日本でいうならバレンタインデーみたいな感じです。
家族間や友人同士でプレゼントしあったりするのですが
子供たちは、この期間中はそんなチョコレートを貰うのがお楽しみになってます。(もちろん大人もですが 笑)

ショコラティエのショーウィンドーは、
パック用のチョコレートのディスプレイ一色になります。

スーパーマーケットも、毎年パック用チョコの特設棚が登場。

特にこのLindt定番のウサギチョコは
スーパーに並び始めたのを見ると
あぁもうパックの時期か、春になったなぁーと思う
風物詩のような存在です。

パリナビでは、
パリはもちろん、ナイトツアーやフランス国内の様々なツアーをご用意しております。
お問い合わせは、お気軽に当サイトの当サイトのお問い合わせ フォームよりどうぞ。