アミアンにある世界遺産!フランスで最も高い大聖堂。

フランスの北部ピカルディー地方の中心都市、アミアン。
そんなに大きな街ではありませんが、
この街にはわざわざ立ち寄って訪れたい、ノートルダム大聖堂があります。

世界遺産にも登録されているアミアンのノートル・ダム大聖堂は、
室内空間もフランスで最も大きい約200,000立方メートル、
天井頂点までの高さ42.3メートルという、フランスで最も高さの高い大聖堂です。

高さがあるので、正面がなかなか1枚に納まりません!

150715_1

150715_2

150715_12

150715_11

驚くべきことは、この巨大な最大級のゴシック様式の大聖堂が
建築期間が11220年から1288年という、わずか49年で完成したという伝説が伝わっていること。
中世の当時、どのようにしてそんなに早くこの荘厳な建物を完成できたのかを考えるとワクワクします。

高さと長さを誇るここの身廊は、本当に圧巻です。

150715_3

150715_4

150715_5

150715_7

装飾も煌びやか!
ステンドグラスも必見です。

150715_10

150715_8

150715_9

150715_6

アミアンのノートルダム大聖堂のと隣接するサン・ルー地区では、
赤レンガの家が連なる小さな運河を眺めながらの散策がオススメですよ。

パリナビでは、
パリ観光やプライベートツアーをご用意しております。
お問い合わせは、お気軽に当サイトの当サイトのお問い合わせ フォームよりどうぞ。