ダイワ2202ピンボール

ニュース

北本研究室の紹介

画像情報処理

北本研(yan)究(jiu)室では「画(hua)(hua)像」というデータに着目(mu)し、画(hua)(hua)像情(qing)報をうまく扱うための方法論を研(yan)究(jiu)しています。具体的には、画(hua)(hua)像解析や画(hua)(hua)像データベース、画(hua)(hua)像検索(suo)などの問(wen)題を、主にデータベースや確率(lv)モデルの理(li)論を用いて解決するための枠組みを確立することを目(mu)指しています。また、地球(qiu)科(ke)学情(qing)報を中(zhong)心として、文(wen)化情(qing)報や生物情(qing)報などの幅(fu)広い分野(ye)に対しても画(hua)(hua)像情(qing)報処理(li)という視(shi)点から研(yan)究(jiu)を広げており、こうした他分野(ye)との融合的な研(yan)究(jiu)から新しい研(yan)究(jiu)の芽(ya)を見つけていこうとしています。

大規模データの活用

センサ技術(shu)の発達とデータ蓄積・検索コストの低下に伴って、現在では科学の様(yang)々な分(fen)(fen)野(ye)において大(da)(da)規模なデータが日々生(sheng)み出され利(li)用(yong)(yong)されるようになってきました。今後の研(yan)究では、こうした大(da)(da)規模データベースをいかに活用(yong)(yong)するかが研(yan)究の鍵を握ってきます。そこで地(di)球科学や生(sheng)物学、人文学等の様(yang)々な学術(shu)分(fen)(fen)野(ye)を具体的な対象として、データベースの構築から検索・マイニングまでの一連のステップに関する新たな方法論(lun)を探(tan)っていきます。

eScience、eHeritage情報基盤の構築

すべての研(yan)究がインターネットを情(qing)報基盤(pan)として発展しつつある現(xian)在、ウェブをプラットフォームとする研(yan)究基盤(pan)を構築し、サイエンス系・人文系を横断して多くの人々が使(shi)える形で公(gong)開しています。例えば以下のウェブサイトをご覧下さい。

詳細

より詳しい情(qing)報については、以下のページをたどって下さい。

ソフトウェア

研究(jiu)プロジェクトで構築したソフトウェアを公(gong)開(kai)しています。

ブログ

以(yi)下は不定期に記(ji)事が増えるタイプのページのリストです。

動画

研究紹(shao)介のために作成(cheng)した動(dong)画等(deng)を閲覧できます。 

  • - YouTube
  • - YouTube
  • - YouTube
  • - Vimeo
キーワード
  • 画像情報処理
  • パターン認識
  • 画像データベース
  • 画像検索
  • 確率的情報処理
  • 大規模実世界データベース
  • データマイニング
  • リモートセンシング
  • 地球環境情報処理
  • 地理情報システム(GIS)
  • デジタルアース
  • 気象情報学(メテオインフォマティクス)
  • 生物情報学(バイオインフォマティクス)
  • シミュレーション
  • 可視化
  • デジタルアーカイブ
  • 参加型メディア

募集

大学院生

北本研究室では、一緒に研究したいという意欲的な大学院学生()を受け入れます。例えば、幅広い意味での画像に関する研究をしてみたい、あるいは実際の科学データに触れながら未知の現象を発見し解いてみたいなど、関連しそうな研究テーマに興味がありましたら、お気軽に北本までご連絡(luo)下さい。