ダイワ2202ピンボール

ふってきったーは「雨」や「雪」など、「空から降ってきたもの」の情報をツイッターから収(shou)集して分析(xi)し、自動的に地(di)名(ming)を抽出(chu)して地(di)図の上に可(ke)視(shi)化(hua)します。

「ふってきったー」とは

  1. ツイッターで、探したい現象に対応する文字列(「雨」や「雪」など)を含むツイートを検索します。
  2. 得られたツイートをGeoNLP APIで処理して、地名が得られるかどうかを調べます。
  3. もし地名が得られれば、すべての地名を対象として、ジオコーディングされた緯度経度地点にマーカーを置きます。そのため、一つのツイートが複数の地点に対応する場合があります。
  4. 一つのツイート中に複数の現象の両方が含まれる場合は、すべてのタイプでマーカーを置きます。そのため、一つのツイートが複数の現象に対応する場合があります。
  5. ツイートのジオタグ(ツイートの緯度経度)とユーザの所在地は使わず、ツイート本文の地名をジオコーディングした結果のみを使います。
  6. ツイートは10分ごとにまとめてアーカイブしています。スライダーを動かすことによって、過去のツイート(5日間)をさかのぼって見ることも可能です。なお画面上の時刻は10分間の開始時刻です(下位の分を切捨てに相当)。
  7. 過去のデータについては過去の顕著な気象現象のアーカイブをご覧下さい。

既知の問題

GeoNLPについて

GeoNLPは自然(ran)(ran)言(yan)語文(wen)からの地(di)名抽出を目(mu)的とするプロジェクト。自然(ran)(ran)言(yan)語文(wen)をAPIに渡すと、そこから地(di)名を抽出し、複数候補から絞り込(込)み、緯度(du)経度(du)を与えて返(fan)してくれるようなシステムの実現を目(mu)指しています。本システムでも、ツイートをそのままAPIに渡して文(wen)章をジオタギングしています。

更新履歴その他の情報はに

2014年9月28日
2014年御嶽山噴火への対応として、かざんばい版をオープンしました。
2014年5月23日
過去のツイート検索をオープンしました。
2012年6月19日
たいふう版をオープンしました。
2012年6月5日
イベント記録をオープンしました。
2012年5月10日
ひょうあられ版をオープンしました。
2012年4月3日
あめかみなり版をオープンしました。
2012年3月18日
デザインをリニューアルしました。
2012年2月22日
トップ30の地名を表示し、それぞれの地名についてツイートの一覧を見られるようにしました。
2012年2月19日
トップの地名のツイート数が50を越えた時ににツイートするようにしました。なお現在のところ、トップの地名が変化したときのみツイートする仕様ですが、状況を見ながら変更する予定です。
2012年2月5日
個々の時間帯に出現する地名(トップ10)の表示を開始しました。
2012年1月23日
「雪」と「雨」のツイートを別々に表示できるように変更しました。
2012年1月20日
あめゆき版を公開しました。

制作

データ整備、システム構築
北本 朝展
Direction, Art Direction and Design
鈴木 雄哉()
Markup Engineering
蜂屋 正晴