ダイワ2202ピンボール

1. 最新気象衛星画像:北部インド洋

このページでは、東(dong)南(nan)アジアから南(nan)アジアを中(zhong)心に、タイ・ラオス・カンボジア・ベトナム・マレーシア・シンガポール・インドネシア・ミャンマー・バングラデシュ・インド・スリランカなどを含む範囲(wei)の気(qi)象衛(wei)星画像を提供します。

赤外1 赤外2
最新画像:赤外1 最新画像:赤外2
赤外3 赤外4
最新画像:赤外3 最新画像:赤外4

2. サイクロン(熱帯性低気圧)

北部インド洋のベンガル湾にはサイクロンが発生し、インドやバングラデシュなどに災(zai)害を引き起こします。これに関する情報は以下のページをご覧ください。

3. スマトラ沖地震と津波について

本ページはもともと、スマトラ沖地震への対応として開設されたものです。2004年12月26日の00:58:53 UTCににより、最大30mを越える高さの大津波がインド洋周辺の各国を襲ったことにより、死者行方不明者が約30万人、被災者が数百万人という、未曾有の規模の災害が発生しました。さらに津波によって被害を受けた地域は、雨に対する備えが脆弱となっており、豪雨やサイクロンによる被害(hai)の拡大も懸念されています。そこで、北部インド洋の気(qi)象(xiang)(xiang)衛星画像(xiang)をこの特設ページで提供し、この地域の気(qi)象(xiang)(xiang)の監視に貢(gong)献したいと考えています。

このページで提供する気象衛星画像は、ゴーズ9号で観測した(白黒の)赤外画像を、NASAが提供するBlue Marble データに重ね合わせた画像(xiang)です。ゴーズ9号の場合、東(dong)南アジアからインド・スリランカにかけての地(di)域は観測地(di)域の端に相(xiang)当するため、実質的な解像(xiang)度が粗くなっていることに注(zhu)意して下さい。なお、この地(di)域の観測に最も適(shi)した気象衛星は、赤道上空(kong)東(dong)経63度に位置するです。