ダイワ2202ピンボール

1. 台風の上陸・接近・通過

気象庁は台風の上陸・接近・通(tong)過という言葉の意味(wei)を以(yi)下(xia)のように定義しています(参考:)。

上陸 台風の中心が北海道・本州・四国・九州の海岸に達した場合を言う。
接近 a)ある地点への台風の接近:台風の中心が、その地点を中心とする半径300km以内の域内に入ること。
b)ある広がりをもった地域(地方予報区など)への台風の接近:台風が、その地域の地理的な境界線(海岸線、県境など)から半径300km以内の域内に入ること。
通過 台風の中心が、小さい島や小さい半島を横切って、短時間で再び海上に出る場合を言う。

もう少し整理してみましょう。まず日本(ben)を二つの地(di)(di)域、すなわち本(ben)州、北海(hai)道、九州、四国(guo)(本(ben)土)とそれ以外(wai)に分(fen)けます。そして、それぞれの地(di)(di)域において、台(tai)風の接近、通過、上陸がどのように起こりうるかを以下にまとめてみました。

接近 通過 上陸
日本 本土 ○(接近→通過) ○(接近→上陸、上陸と通過の両方を記録する場合もあり)
本土以外 ○(接近→通過) ×

つまり上陸(lu)とは、日本(ben)(ben)の中(zhong)でも特に「本(ben)(ben)土」(本(ben)(ben)州、北海道(dao)、九州、四(si)国)の海岸(an)線にまで台(tai)(tai)(tai)風(feng)(feng)(feng)が到達(da)した場(chang)合(he)に限って使う言葉なのです。ここで紛らわしいのは、本(ben)(ben)土以(yi)外には台(tai)(tai)(tai)風(feng)(feng)(feng)は決して「上陸(lu)」しないこと。日本(ben)(ben)では最(zui)(zui)も多(duo)くの台(tai)(tai)(tai)風(feng)(feng)(feng)が来襲する沖縄(sheng)も、台(tai)(tai)(tai)風(feng)(feng)(feng)上陸(lu)数では毎年ゼロとなってしまうのです。それに対して台(tai)(tai)(tai)風(feng)(feng)(feng)接(jie)近数では沖縄(sheng)が最(zui)(zui)も多(duo)くなり、こちらの方が台(tai)(tai)(tai)風(feng)(feng)(feng)の影響の大きさの指標(biao)としては実感(gan)に近いのではないでしょうか。つまり、日本(ben)(ben)への台(tai)(tai)(tai)風(feng)(feng)(feng)の影響を考(kao)える際には、上陸(lu)数だけではなく接(jie)近数にも注目する必(bi)要があります。

気象庁が公表している、とのページでは、過去の上陸や通過に関する統計資料をまとめています。このページを調べてみると、上陸数と接近数は必ずしも同じ傾向を示しているわけではないことがわかります。なお台風上陸数の過去最大記録は、2004年の10個です。同じ時期に台(tai)風が連続して上陸(lu)することもよくありますが、これは台(tai)風が流(liu)される大規模な空気(qi)の流(liu)れは、長時間(jian)をかけてゆっくり変化するためです。

一方、2008年は日本に上陸した台風がゼロとなりましたが、このことだけから「2008年は日(ri)本に影(ying)響(xiang)した台(tai)(tai)風(feng)がなかった」とは言(yan)えません。実際のところ2008年に日(ri)本に接(jie)近した台(tai)(tai)風(feng)は9個もあり、過(guo)去の年に比(bi)べてそれほど少ない数ではありませんが、これは沖縄(sheng)や伊豆(dou)諸島・小笠原(yuan)諸島に接(jie)近した台(tai)(tai)風(feng)があったためです。上陸数だけに過(guo)度(du)に注目してしまうと、日(ri)本に「接(jie)近」したけれどもスレスレで「上陸」しなかった台(tai)(tai)風(feng)の影(ying)響(xiang)を除外してしまうだけではなく、沖縄(sheng)や伊豆(dou)諸島・小笠原(yuan)諸島への影(ying)響(xiang)を無視してしまうことにもなりかねません。

なお「通過」も「上(shang)(shang)陸(lu)(lu)」もした台風(feng)(feng)(feng)は、上(shang)(shang)陸(lu)(lu)した台風(feng)(feng)(feng)として扱います。例(li)(li)えば、沖縄本(ben)島を「通過」したあと、本(ben)土に「上(shang)(shang)陸(lu)(lu)」する台風(feng)(feng)(feng)などのケースがあります。また複数回「上(shang)(shang)陸(lu)(lu)」する台風(feng)(feng)(feng)もあります。例(li)(li)えば、九州に上(shang)(shang)陸(lu)(lu)した後に日本(ben)海に抜け、その後に東(dong)北や北海道に再上(shang)(shang)陸(lu)(lu)する台風(feng)(feng)(feng)などのケースがあります。

台風(feng)の中(zhong)心位置は推定した位置であるため、海(hai)岸線に近い場所を動いている場合(he)(he)は、「上陸(lu)」したのかどうか、判断(duan)がつきにくい場合(he)(he)もあります。また、「上陸(lu)」するかどうかは、数(shu)(shu)十キロメートルという台風(feng)の大きさから比べればごく小さな誤差によって決(jue)まる面もあります。2008年の台風(feng)上陸(lu)数(shu)(shu)ゼロという事例は確かに稀ではありますが、上陸(lu)の回数(shu)(shu)は偶然に左右される面も大きい、ということも認識しておく必要があるでしょう。

なお台風は上陸すると一般に勢力が急速に衰えます。これには、陸地に入って海面からの水蒸気の補給がとだえる効果、陸地との空気の摩擦が増大する効果、山地などの影響で台風の構造そのものが崩れる効果、などが影響していると考えられます。例えば、台湾に上陸して東から西に横断するた台風は、台湾の中央にそびえる標高3000mから4000mに達する山脈の影響で、構造に大きなダメージを受けて急速に衰弱するケースが多くなります。一方、速度が速い台風や大きな台風が陸地の上を少しだけ進む場合には、あまり勢力が衰えないこともあります。最後に、注意すべきなのは台風が温帯低気圧化しつつある場(chang)合で、台(tai)風のエネルギー源がすでに海面(mian)からの水蒸気ではなくなっているため、上陸しても勢力が衰えるとは限りません。

関連リンク