オーヴェル・シュル・オワーズ – Auvers-sur-Oise

ゴッホゆかりの地として知られる小さな村、オーヴェル・シュル・オワーズ。ゴッホが自殺をするまでの2ヶ月間、名作『オーヴェルの教会』をはじめこの村の様々な風景を描いたゴッホ。そんな作品の実際の風景と、ゴッホ晩年の世界を訪れます。パリから半日観光も可能です。

晩年のゴッホが暮らしたゆかりの地へ

「ゴッホ晩年の村/オーヴェル・シュル・オワーズ」コース
400€
●1〜6名様/約4時間
●パリ市内発着(ホテル前などご希望の場所発着/パリから車で40分)
●ゴッホの家・ラヴー亭(ゴッホ晩年当時の下宿/ガイド付き)
●オーヴェル城(印象派絵画記念館を併設)
●村散策(ゴッホ晩年の題材となった教会、郵便局、役場、ゴッホの最期を看取ったガシュ医師の家など)


ゴッホが描いた『オーヴェルの教会』(オルセー美術館蔵)の題材となった教会。この村に滞在した2ヶ月間の間に、ゴッホは70点もの作品を描いています。


ゴッホが自殺を計った場所では?と言われているのが、このお城の裏。城内は音と光を使った500点以上の印象派絵画美術館として利用されています。


ゴッホが当時住んでいた下宿・ラヴー亭は、現在"ゴッホの家"として公開。1階は当時のままにレストランを復元し、営業されています。

【注意事項】
延長の場合は、1時間につき70€の追加となります。
1名様でも6名様でも料金は同一です。
パリ市内発着の場合の料金です。パリ郊外又は地方からの往復料金は別途お問い合わせ下さい。
料金にはミニバスでの移動と日本語による案内料金が含まれています。
料金には、高速道路料金、ガソリン代、駐車料金、日本語によるガイド料が含まれています。尚、飲食費、入場料等は含まれていません。
お客様よりキャンセルがあった場合、サービスの前々日50%、前日と当日100%のキャンセル料が発生しますので予めご了承下さい。
お支払いは、現金(ユーロ・円)、フランス小切手のご利用が可能です。クレジットカードでのお支払いはお受け出来ませんのでご注意下さい。
お支払いは、申し込みフォームよりお申し込みを頂いた後、メールでのやりとりで双方了解のもとご予約が確定してから、お支払い方法の詳細をお知らせ致します。
お客様の所持品の紛失及び盗難につきましては、弊社は責任を負いかねますのでツアー時の所持品はお客様でしっかりご管理下さい。
予測不可能な突然の天災やストライキ、交通渋滞によりツアー内容を余儀なく変更せざるを得ない場合や中止せざるをえない場合におきましても、弊社は責任を負いかねますのでご了承下さい。

Paris Navi ツアープラン