ランスの名所、シャペル フジタ。

前回のブログでご紹介した
モエ・エ・シャンドンをはじめとする
多くのシャンパンメゾンが点在するフランスのシャンパーニュ地方。

見所はシャンパンセラーだけでなく
夏になると一面に緑が広がるぶどう畑の散策も楽しめます。

moet12

moet13

もうひとつ、シャンパーニュ地方のランスの町には、
日本人の方にとても人気のある「シャペル フジタ」があります。

画家・藤田嗣治氏は晩年にキリスト教に改宗してレオナール・フジタとなり
氏が亡くなる1年前、80歳の時に2ヶ月で描き上げたフレスコ画のある礼拝堂です。

内部写真は撮影禁止なので
ブログでご紹介することができず残念ですが、
実際にご覧になった時の感動のために、
外観のお写真だけご紹介しておきますね。

moet14

とても小さな礼拝堂ですが、描かれている壁画は圧巻の見応え!
フレスコ画の中には、
フジタ氏自身の姿と最愛の奥様だった君代さんの姿も描かれていますので
訪れた際には是非探してみて下さい。

パリナビでは、
このモエ・エ・シャンドン社の見学を含むシャンパーニュ地方へのツアーもご用意しております。
お問い合わせは、お気軽に当サイトの当サイトのお問い合わせ フォームよりどうぞ。